フリーター生活のメリットとデメリット

Filed in Leave a comment

フリーターで最低限の生活ができるだけの収入を得て、残りの時間は自由に好きなことをしたい、という考え方で過ごしている人もいるようです。もちろん、どんな生き方をするかは個人の自由ですのでその選択自体はまったく問題ありません。しかし、一生フリーターで仕事をしていく場合にはメリットだけでなく、デメリットも正しく理解しておくことが大事でしょう。

会社員と比較した場合のデメリットはいくつか考えられますが、客観的なデメリットの代表としては、社会保険に関することでしょう。まず、公的年金についてですが、会社員の場合、老後の年金は基礎年金だけでなく厚生年金が支給されますが、自分が働いているところで厚生年金に加入していなければ老後は満額でも年額80万円弱の基礎年金しかありません。

また、公的医療保険についても、会社員が加入している健康保険の場合、傷病手当金や出産手当金など一定理由の欠勤について給料の約3分の2を支給してくれる給付制度がありますが、アルバイト程度の場合は休業に関する公的な収入補填の制度はほとんどないと言っていいでしょう。

さらに、一人暮らしをしているフリーターは日々の生活費が深刻になりがちですから、しっかりと貯金をしておかなければいけません。貯金があれば、病気やケガでアルバイトを休んだ時にも安心です。貯金をするなら、コンビニに行ったり、無駄使いを減らさなければいけないでしょう。このような事は、賢いフリーターなら全部やっているのです。賢いといえば、フリーターが賢く生活する知恵などが載ったサイトがあるので、参考にすると良いでしょう。気ままなフリーター生活

,

TOP